未分類

発達障害の働き方について可能な限りまとめてみた

 

ども、あすてんです。

当記事では、発達障害の人の働き方について、様々な視点からまとめました。可能な限りまとめましたので、これから発達障害と向き合い、どう働いていくか悩んでいる人はぜひご覧ください。

本記事について

現在ぼくはカフェ店長としてイベント営業をやったり、他の時間にブログやNoteなどをやっているフリーランスです。

様々な働き方を経験したり、人との出会いのなかで「どうしたらもっと働きやすくなるんだろう?」と考えてきました。

今回はその中での知見を通して、少しでも役に立つ情報をシェア出来たらなと思います。

ぼくの今までの生き方についてはプロフィールにまとめてあります。

1:発達障害の人の様々な働き方の種類について解説

発達障害の人の働き方にはさまざまな種類があります。クローズ/オープン就労以外にも、副業と掛け合わせた働き方や、フリーランスとして働く方法なども解説します。

・クローズ就労/オープン就労/障碍者雇用の違いとは?

発達障害の人に向いている・向いていないバイトとは【過去の自分に伝えたい】

発達障害の人に向いている・向いていないバイトとは【過去の自分に伝えたい】 といった疑問に答えます。 この記事を書いている僕は、発達障害(アスペルガー症候群)を持ちながら、様々なバイトを経験してきま...
・個人的に推奨したい副業+バイトという働き方
・発達障害でフリーランスになるには?
・発達障害を持ちつつも独立している人はいる?

2:自分に合っている働き方の選び方

・ASDに向いている仕事・向いていない仕事。適職や対策について
・ADHDに向いている仕事・向いていない仕事。適職や対策について

3:発達障害の人がやりがいをもって働くには?

・好きや得意を生かして働くためには
・専門的知識を活かす働き方がむいている?
・オープン就労での働き方について考えてみる

5:発達障害を持ちながらも働いている人

6:軽い発達障害の人の働き方【グレーゾーン】

・クローズ就労でも無理なく働く方法【合理的配慮】
・クローズで働いていく時の自分との向き合い方
・クローズ以外の働き方としての候補は?
・職場での関係性で気を付けることとは【男女】
・発達障害の人が自立して働くシミュレーションをしてみた

7:どんな場所でも働けるようなマインドを作るには

・メンタル管理のオススメの方法
・カウンセリングなどのオススメ
・依存先を増やしていく為の方法

8:うまく働いていくための仕事術

・ASDで仕事中に意識したほうが良いこと
・ADHDで仕事中に意識したほうが良いこと
・働くうえでの配慮のもらいかた【マインド編】
・働くうえでの配慮のもらいかた【実践編】

9:今の働き方が辛いと思った時の対処法

・クローズ就労時に辛かった思い出
・医療機関やカウンセリング
・本当にしんどい時に仕事を辞める方法
・できるだけ負荷を減らしながら働きやすくするには

転職に苦戦しているなら、障害者の雇用に特化した転職サイトを使ってみませんか?
\最短1分で無料登録する/

RELATED POST